身土不二

『身土不二』という言葉をお聞きになったことはありますか?

身土不二とは

人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。

 –参照:[コトバンク]

と、いうものです。
マクロビオティックの基本的な概念の一つともされています。

健康志向の方が増えている中で、
「結局何を食べるのがよいかわからない」など思う方のもいるのではないでしょうか?

和合堂では、商品仕入れの際にこの「身土不二」を大切にしながら商品の選定を行っております。
一度、お店でご覧いただき「旬」を味わう素敵な機会となることを、祈念しております。

お知らせ

お知らせ一覧