1. HOME
  2. 三年熟成番茶

三年熟成番茶

マクロビオティックを始めた私にとって今では毎日飲んでいるお茶があります。

宮崎で丹精込めて作られた貴重な「三年熟成番茶」です。
上品な香り立ちが目まぐるしい日々にそっと安らぎのひとときをもたらしてくれます。

お茶の種類は摘む時期によって呼び方が異なります。

煎茶の茶摘みは、立秋から八十八夜頃(5月初旬)から始まります。
番茶は固くなった芯芽や下の葉を摘み、煎茶に比べて遅い時期に摘むので「晩茶」からの由来もあります。

日本で販売されているほとんどのお茶は蒸して作られる煎茶です。
「三年熟成番茶」は今では0.5%といわれるくらいの、昔ながらの釜炒り茶です。

さっぱりとして少し渋い味が、なんとなく懐かしく香豊かです。

<三年熟成の匠工程>

炒る、揉むを3~4回繰り返し乾燥をします。

三年間醸造させることでカフェインやタンニンが抜け刺激が抑えられるので、健康を意識している方はもちろん、お子様や妊婦さんにも安心して楽しめますよ。

シンプルにそのまま飲んでも。
梅干し、ショウガ、お醤油とまぜてカラダの芯からさらに温める、梅醤番茶という日本古来の飲み方も。

お腹の調子が整わない時、風邪気味や二日酔いなど
体調をくずしやすい季節にもぴったりです。

お取扱い商品名
三年熟成番茶
内容量
80g
値段
926円 +税